• トップ
  • グレード / 価格
  • 外観 / 内装
  • 走行性能
  • 安全 / 環境
  • 搭載装備
  • オプション / アクセサリー
  • スペック

安全 / 環境

安全性能

危険回避をサポートする先進の安全性能セーフティパッケージ

万一の事故を未然に回避する先進の安全性能を備えました。先進の安全装備の採用により、事故の低減によるドライバーの安全確保に加え、稼働率向上もサポートします。

人やクルマとの衝突回避を促すエマージェンシーブレーキ*1*2<15S、16Sを除く*>

前方の車両や歩行者をフロントカメラで検知。衝突の可能性が高まるとドライバーにメーター内インジケーターやブザーで回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキが作動。衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減します。

人に対して作動

前方の歩行者を検知し、衝突のおそれがある場合には、ドライバーに回避操作を促します。ドライバーが安全に減速できなかった場合には自動的に緊急ブレーキをかけて衝突回避をサポートします。

クルマに対して作動

前方の車両に衝突する危険を察知すると、メーター内インジケーターの点滅とブザーによって、ドライバーの回避操作を促します。

●衝突する可能性が高まったとき、
緩くブレーキが作動。
ドライバーの回避操作を促します。

●万一、ドライバーが安全に
減速できなかった場合、
緊急ブレーキを自動的に作動させます。

※1:セーフティパッケージはドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
※2:エマージェンシーブレーキは、約10〜80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
※15M、16Mはメーカーオプションで、セーフティパッケージ(エマージェンシーブレーキ、LDW、VDC)非装着を選択することもできます。

走行車線からのはみ出しを警告するLDW(車線逸脱警報)*1*3<15S、16Sを除く*>

車線の左右区画線をフロントカメラが検知。意図せずに走行車線からはみ出しそうになった場合、メーター内にインジケーターの点滅とブザーで注意を喚起。クルマを車線内走行に戻す操作を促します。

※1:セーフティパッケージはドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
※3:LDW(車線逸脱警報)は、約60km/h以上で作動します。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
※15M、16Mはメーカーオプションで、セーフティパッケージ(エマージェンシーブレーキ、LDW、VDC)非装着を選択することもできます。

安全性を高めるVDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])*4*5<15S、16Sを除く*>

各種センサーでドライバーの運転操作や車速などを検知。ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御し、滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを抑え、車両の安定性の向上と走行時の安心感を高めます。

VDC装着車

前・後輪の横滑りをセンサーが感知すると、各車輪のブレーキ
力やエンジン出力を抑制。車両の安定性を向上させます。

VDC非装着車

VDC非装着車はハンドル操作によっては横滑りが発生する
ことがあります。

※4:VDCはあくまでもドライバーの操作を補助するシステムです。したがってVDC非装着車と同様にスピードを控え、早めの操作で安全運転をお願いします。
※5:VDCはTCS(トラクションコントロールシステム:駆動力制御システム)、ブレーキLSD(リミテッドスリップデフ)機能を備えています。車輪のスリップを抑え駆動力を確保することで、主に発進性を高めます(ブレーキLSDはVDCスイッチオフ時にも作動します)。
※15M、16Mはメーカーオプションで、セーフティパッケージ(エマージェンシーブレーキ、LDW、VDC)非装着を選択することもできます。

安心をもたらす安全性能

毎日使うクルマだからこそ安全性能を磨き上げました。走る・曲がる・止まるという走りの基本を高めたうえで、さらなる安心を生み出す工夫や装備を数々採用しています。

まずドライバーがゆとりと安心を感じながら運転できるように。

周囲の状況が見やすいよう広い見晴らしを確保。さらに、明るいハロゲンヘッドライトや車速感応式のワイパーなどが夜間・悪天候時の安心感を高めます。加えてハイマウントストップランプも装備。後続車にブレーキングを効果的にアピールします。

ハロゲンヘッドライト

ハイマウントストップランプ

危険を回避する能力を高めるEBDやABSを標準装備。

ABS Antilock Brake System/ EBD Electronic Brake-force Distribution

ブレーキング時に、乗車人数や荷物の量に応じてブレーキ力を前後に最適に配分するEBDを標準装備。また、タイヤのロックを防ぐABSも採用し、そのうえ、より少ないペダル踏力でABSの効果を発揮させるブレーキアシストも採用しています。

ABS=Antilock Brake System
EBD=Electronic Brake-force Distribution(電子制御制動力配分装置)

●ABSはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車と同様に、カーブ等の手前では充分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

万一の衝突時に被害を最小限にとどめる装備も。

ボディには世界最高水準の衝突安全性能をめざした高強度車体構造を採用し、運転席・助手席にSRSエアバッグも装備。また前席シートベルトには、衝突時、乗員の拘束効果を高めるとともに胸部に加わる力を抑える機構を採用しています。さらに、ボンネット等のエネルギー吸収性を高め、万一の歩行者との衝突時に頭部や脚部への衝撃を緩和する、歩行者傷害軽減ボディを採用しています。

歩行者傷害軽減ボディ

運転席/助手席SRSエアバッグ

SRS AIRBAG

SRSエアバッグシステム「SRS=Supplemental Restraint System」:シートベルトを補助する乗員保護装置 SRSエアバッグシステムは、前方向からの、設定以上の衝撃を感知した時のみ作動します。横方向や後方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。