SAFETY 安全性能

「あなたの安心、未来ドライブ」三菱e-Assist

事故の危険を検知してお知らせ。さらに被害を予防・回避・軽減できるようサポート。三菱e-Assistはできる限り事故被害を減らし、安全運転を続けていただくためのテクノロジーです。

01 FCM

危険を判断し自動ブレーキで衝突の被害を軽減。衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

レーザーレーダーとカメラ、電波式レーダーを用いて幅広い速度域に対応。
前方車両や歩行者と衝突する危険性があると判断した時に自動ブレーキを作動させます。
FCM=Forward Collision Mitigation system

  • A. 衝突の危険があるとき

    A. 衝突の危険があるとき

    警報
    衝突の危険を検知した場合は、表示と警報音でブレーキペダル操作を促します。
  • B. 衝突の危険が高いとき

    B. 衝突の危険が高いとき

    警報+やや強めのブレーキ
    衝突の危険性が高いと判断した場合は、やや強めのブレーキを作動させます。
  • C. 衝突の危険が極めて高いとき

    C. 衝突の危険が極めて高いとき

    警報+緊急自動ブレーキ
    衝突が避けられないと判断した場合は、緊急自動ブレーキを作動させ、衝突被害を軽減、回避します。
  • 歩行者を検知して、衝突の危険が極めて高いとき

    歩行者を検知して、衝突の危険が極めて高いとき

    警報+緊急自動ブレーキ

●衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約5~180km/h、歩行者に対しては自車速が約5~65km/hのときに作動します。●停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。●ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

02 MULTI AROUND MONITOR

マルチアラウンドモニター

車両前後左右4つのカメラで、死角になりがちな周囲の安全確認をサポート。さらに、真上から見下ろしている感覚で周囲を確認できる機能も搭載して車庫入れをスムーズにサポートします。

[標準装備]DELICA D:5 P [メーカーオプション]DELICA D:5 G-Power Package、G / DELICA D:5 URBAN GEAR G-Power Package、G
●視野範囲はイメージです。実際の視野範囲とは異なる場合があります。●マルチアラウンドモニターは、あくまでドライバーの運転操作や視界を補う機構です。安全の確認や周囲の状況確認は、必ずドライバー本人が行いながら十分に注意して運転してください。●カメラ映像は、ディーラーオプションのDELICA D:5 オリジナル10.1型ナビゲーション装着車の場合、ナビ画面またはルームミラー内の画面に表示されます。非装着の場合は、ルームミラーの画面に表示されます。

03 LDW

車線を外れそうになると警報で注意を喚起。車線逸脱警報システム[LDW]

フロントガラス上方に装着したカメラにより、前方の車線位置を監視。車線を外れそうになると警報でドライバーに注意を促します。

LDW=Lane Departure Warning

●車速約60km/h 以上で作動します。●ターンレバーをONからOFFにした後、約7秒間はLDWの作動を禁止します。●狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。

04 ACC

先行車の加速・減速・停止に自動追従して走行。レーダークルーズコントロールシステム[ACC]

電波式レーダーで認識した先行車の加速・減速・停止に自動追従。4段階から任意に設定した車間距離を保ちながら、任意に設定した速度を上限に走行します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバーによるアクセル操作またはスイッチ操作により発進し、追従走行を再開します。

ACC=Adaptive Cruise Control

●先行車追従機能は、約30km/h未満で走行中でも作動し、先行車がいなくなった場合、設定速度まで加速します。

05 BSW/LCA

斜め後方からの接近車両を検知して注意を喚起。後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]

リヤの電波式レーダーが死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知。その状態で車両のいる方向にウインカーを出すとブザー音とドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促します。

BSW=Blind Spot Warning/LCA=Lane Change Assist

●前進時、車速約10km/h以上で作動します●BSW/LCAは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補助するためのシステムです。車線変更をする際には、非装着車と同様に、必ずドライバー自身が周囲の安全確認や状況確認を行ってください。
[標準装備]DELICA D:5 P [メーカーオプション]DELICA D:5 G-Power Package / DELICA D:5 URBAN GEAR G-Power Package 

06 AHB

対向車を検知しハイ・ロービームを自動切り替え。オートマチックハイビーム[AHB]

周囲の明るさや対向車を検知し、状況に合わせて、自動的にハイビームとロービームを切り替えることにより、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。

AHB=Automatic High Beam

●道路状況および天候状態などによっては、ご利用になれない場合があります。

07 RCTA

後退時に斜め後方の車両を検知して注意を喚起。後退時車両検知警報システム[RCTA]

リヤの電波式レーダーにより、死角になりやすい斜め後方の車両を検知。駐車場などで後退して出庫する際に接近車両を検知すると、ドアミラーインジケーター点滅とブザー音、メーター内の警告メッセージ表示で注意を促します。

RCTA=Rear Cross Traffic Alert

●Rレンジをセレクトし、車速0~約18km/h、接近車両の速度約7km/h以上で作動します。●RCTAは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補助するためのシステムです。後退出庫をする際には、非装着車と同様に、必ずドライバー自身が周囲の安全確認や状況確認を行ってください。
[標準装備]DELICA D:5 P [メーカーオプション]DELICA D:5 G-Power Package / DELICA D:5 URBAN GEAR G-Power Package

●FCM、LDW、ACC、BSW/LCA、RCTAは、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。●FCMは、前方車両と歩行者に対して作動します。二輪車などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。●ACCは、先行車両に対して作動します。二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。●BSW/LCA、RCTAは、後側方車両に対して作動します。小型の二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。●FCM、LDW、ACC、BSW/LCA、RCTAは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

TOPページへもどる
PAGETOP