シーンを選ばず使える
1500Wの大電力。

クルマに蓄えたバッテリー電力を取り出せる100V AC電源。最大1500Wの出力で、さまざまな電化製品がお使いいただけます。アウトドアライフを楽しむことはもちろん、パソコンとつなげば、クルマがワーキングスペースに。
もっと自由に、もっと新しく。エクリプス クロスが、これからのクルマの価値を提供します。

クルマのバッテリー電力が使える 100V AC電源(1500W)

  • クルマのバッテリー電力を取り出せる100V AC電源のコンセントをラゲッジスペースに1ヶ所設置。 最大1500Wの出力により、アウトドアでコーヒーメーカーや炊飯器、ホットプレートなど、消費電力の大きい電化製品を便利に使用できます。

    [標準装備]PHEVモデル:P、G
    [メーカーオプション]PHEVモデル:M

  • ON / OFFスイッチ

  • アース付コンセント
    (ラゲッジルーム)

    • 消費電力が1500Wを超えると、給電停止または出力低下となる場合があります。
    • ACコンセントに、たこ足配線はしないでください。
    • 定格消費電力1500W以下でも使用できない機器があります。
    • AC電源使用時は駆動用バッテリーの残量が少なくなると、自動的にエンジンが始動し充電をおこないます。車両の停止中にエンジンが始動した場合、アイドリングストップに関する条例に抵触することがありますので、十分にご注意ください。
    • 使用する電気製品に付属の取扱説明書や、製品に記載されている注意事項をご覧の上でご使用ください。

「Vehicle to Home(V2H)」で、クルマの電気が家で使える。

  • 「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で、クルマに蓄えた電気を家で使う仕組みのこと。満充電の状態で一般家庭の最大約1日分*9、エンジンでの発電*9も組み合わせれば、ガソリン満タンで最大約10日分*9の電力量が供給可能です。

    • *9 供給可能電力量は当社試算による(一般家庭での一日当たりの使用電力量を約10kWh / 日として算出、V2H機器等の変換効率は含みません)。住宅との接続にはV2H機器が必要です。V2H機器に接続している場合、エンジン始動による発電はできません。エンジンでの発電を行う場合は、V2H機器との接続を終了してください。V2H機器については、営業スタッフまたは各V2H機器取扱メーカーにおたずねください。

もしもの時でも、クルマが非常用電源に。

防災の拠点にもなる「電動 DRIVE STATION」

  • 「電動 DRIVE STATION」は、クルマの電動化が進むいま、三菱自動車が考える電動車両の新しい価値である「外部給電機能」を体感できる次世代店舗です。災害などで停電が発生しても、太陽光発電、V2H機器並びに電動車両を用いることで、一定の電気を確保して、緊急時の避難場所としてもご活用いただけます。「電動 DRIVE STATION」ではV2H機器による建物への給電の仕組みについてご覧いただけますので、ぜひご来場ください。