あなたの安心、未来ドライブ
三菱 e-Assist

令和元年度自動車アセスメント(JNCAP)*1において、
予防安全性能評価「ASV+++」と衝突安全性能評価の最高ランク「ファイブスター賞」をダブルで受賞。

  • eKワゴンは三菱e-Assistをはじめ、Basic Safety装備を含めた安全装備の数々が、令和元年度JNCAPの予防安全性能評価「ASV+++」を獲得。また、衝突安全性能評価の最高ランクとなる「ファイブスター賞」も受賞。安全性能の高さが証明されました。

    *1: JNCAP(Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)による、自動車の安全性能試験・評価の略称。

eKワゴンは、「サポカー S ワイド」対象車です。

  • セーフティ・サポートカーS ワイド(サポカーS ワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

  • eKワゴンの先進安全装備[全車標準装備]

    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] *対車両/対歩行者
    • 踏み間違い衝突防止アシスト
    • 車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]
    • オートマチックハイビーム[AHB]

事故を未然に防ぐサポートを行う、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステムは、フロントカメラと夜間の認識性が高いミリ波レーダーにより前方車両や歩行者を検知。衝突の危険があるときは、警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促し、ブレーキを制御して衝突回避または衝突被害の軽減をアシストします。

    FCM = Forward Collision Mitigation system

    • 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約10~80km/hのときに作動します。歩行者に対しては約10~60km/hのときに作動します。
    • 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。
    • ハンドル操作やブレーキ操作による回避行動を行っているときは、作動しないまたは作動が遅れる場合があります。
  • 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度について

    • 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度とは、運転者の安全運転を支援する機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー / サポカーS)」の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する衝突被害軽減ブレーキ等が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する制度です。
    • eKワゴンは全車「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度」認定車です。
    • AEBS = Advanced Emergency Braking System

駐車場でのありがちなミスをフォローする、踏み間違い衝突防止アシスト。

  • フロントカメラおよびフロント/リヤバンパーに搭載されたソナーにより進行方向に車両や歩行者*3、壁等の障害物を検知している状況で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示とメーター表示で注意を促します。さらにエンジン出力やブレーキを制御することで過度な加速を抑え、発進をゆるやかにして衝突被害の軽減をアシストします。

*3 車両、歩行者検知は前進時のみとなります。

    • エンジン出力抑制は、約6秒間作動します。前進時、車両、歩行者に対しては、停車状態~約25km/hの範囲で作動します。前進時、後退時とも、壁などの障害物に対しては、停車状態~約15km/hの範囲で作動します。
    • エンジン出力制御に加え、ブレーキ制御が車速約2~15km/hの範囲で作動します。
    • 車速約10km/h以下で障害物に近づくと、警報ブザーとインフォメーション画面表示でお知らせします。
    • ハンドル操作やブレーキ操作による回避行動を行っているときは、作動しないまたは作動が遅れる場合があります。
  • 夜道でしっかり気づかいできる、オートマチックハイビーム[AHB]。

    暗い道を走っているときはハイビームを使いたいけど、対向車が来るたびに切り替えるのは面倒。オートマチックハイビームは、フロントカメラが先行車や対向車のランプ、街路灯など道路周辺の明るさを検知。ハイビームとロービームを切り替えることで、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。

    AHB=Automatic High Beam

    • 約25km/h以上で作動します。
    • 道路状況および天候状態などによっては、作動しない場合がありますので必要に応じて手動で切り替えてください。

車線からのはみ出しをすぐに知らせる、
車線逸脱警報システム[LDW]&
車線逸脱防止支援機能[LDP]

  • 高速道路などを運転していると、油断から気づかないうちに車線を外れていたなんてことも。車線逸脱警報システムは、フロントカメラが前方の車線位置を常に監視。車線を外れそうになると、警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促します。さらに車線逸脱防止支援機能がブレーキを短時間制御し、クルマを車線内に戻すサポートを行います。

    LDW=Lane Departure Warning        
    LDP= Lane Departure Prevention

    • 車速約60km/h以上で作動します。
    • ターンレバーがONの間、また、OFFにした後の約2秒間はLDWの作動を停止します。
    • 狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。

2台前のクルマの動きを捉え、事故の予防をアシスト。前方衝突予測警報[PFCW]。

  • 2台前を走る車両をミリ波レーダーでモニター。急な減速など自車からは見えにくい前方の状況変化を検知し、減速が必要と判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促します。ブレーキの踏み遅れによる衝突事故の回避をアシストします。

    PFCW = Predictive Forward Collision Warning

    • PFCWは前方を走行する2台前の車両の急な減速などを検知したとき運転者に警報を行いますが、衝突を回避する機能はありません。わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨、霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。
    • PFCWは車速が約5km/h以上で作動します。

注意力が低下したら休憩を促す。ふらつき警報[DAA]。

  • 走行中、ドライバーのハンドル操作から注意力が低下していると判断したときに、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに休憩を促します。

    DAA = Driver Attention Alert

    • 走行中、眠気などで車両が蛇行しシステムが「ふらつき」と判断した場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促します。
    • 車速約60km/h以上で作動します。
    • マイパイロット作動中は、DAAのシステムはOFFになります。

先行車に遅れることなく発進できる。先行車発進通知[LCDN]。

  • 信号待ちなどで停車中に、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示で先行車の発進をお知らせします。

    LCDN = Leading Car Departure Notification

道路標識を表示して安全運転をサポート。標識検知[TSR]。

  • 一時停止標識、車両進入禁止標識、最高速度標識を検知しインフォメーション画面表示でドライバーに伝えます。さらに、車両進入禁止標識を通過した場合には警報ブザーで注意を促します。

    TSR = Traffic Sign Recognition

    • TSRは、運転者の安全運転をサポートする機能です。TSRには限界があり、状況によっては標識を検知できなかったり、実際とは異なる標識を表示したりする場合があります。
    • 運転の際は、必ず運転者の責任で実際の標識を確認してください。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW、LDPは、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。
    • FCMは、前方車両と歩行者に対して作動します。二輪車などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
    • 踏み間違い衝突防止アシストは、車両と歩行者、障害物を制御対象としていますが、条件によってはシステムが認識できない場合があります。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW、LDPは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
    • LCDN、PFCW、DAA、TSRは、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しな い場合があります。
    • LCDN、PFCW、DAA、TSRは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
    • ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。