ここから、
モータードライブの
愉しさが生まれる。

PLUG-IN HYBRID SYSTEM with TWIN MOTOR 4WD

  • それは、PHEVの新たな基準。高出力モーター、大容量バッテリー、そして、効率と静粛性に優れた2.4Lエンジンを採用。
    アウトランダーPHEVは、ほぼすべてを一新したPHEVシステムを搭載しました。プラグインハイブリッドEVの基準は、ここから変わります。

  • 1FRONT MCU(Motor & Generator Control Unit)

    PHEVシステムの統合制御と4WDシステムを制御。

    22.4L ENGINE

    2.4Lエンジンを搭載。低回転から効率の良い発電を可能とし、優れた静粛性を実現。

    3GENERATOR

    軽量で高出力のジェネレーターを搭載。エンジン動力を効率良く電気に変換。

    4FRONT MOTOR

    前輪を駆動する高出力モーター。エンジンと協調駆動を行う。

  • 5REAR MCU(Motor Control Unit)

    後輪駆動モーターを制御する、コンパクトで軽量なユニット。

    6REAR MOTOR

    後輪を駆動するパワフルなリヤモーター。

    7BATTERY

    大容量を実現したリチウムイオン駆動用バッテリー。

    安心の駆動用バッテリー保証

    • 駆動用バッテリー
      特別保証*1

      816万km

    • 駆動用バッテリー
      容量保証*2

      816万km

    • *1 初度登録(届出)後8年以内かつ、走行距離16万km以内に発生した故障等について保証致します。
    • *2 初度登録(届出)後8年以内かつ、走行距離が16万km以内に駆動用バッテリー容量が70%を下回った場合に、無償で修理・交換を致します。
    • 保証適用に当たっては、次の項目をお守りいただきますよう、お願い申しあげます。
    • (1) 取扱説明書に示す正しいお取扱いおよびお手入れの実施
    • (2) 法令で定められた日常点検、定期点検整備の実施
    • (3) 三菱自動車が指定する点検整備と定期交換部品、および油脂類の指定どおりの交換
    • (4) 定期点検整備の実施が証明できるメンテナンスノート(または定期点検整備記録簿)の携行

より力強く、スムーズに。高出力モーター(フロント / リヤ)。

  • アウトランダーPHEVは、前後輪をそれぞれ高出力モーターで駆動する4WDとすることで、EV走行ならではの初動トルクによる力強い発進・加速性能を発揮。さらに、制御性に優れたツインモーター4WDを基本とする車両運動統合制御システム、S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)を採用。走行安定性を向上し、クルマを意のままにコントロールできる4WDシステムを実現しました。小型・軽量なフロントモーター、リヤモーターを搭載。リヤモーターの高出力化に加え、進化したモーター制御システムの採用により、いっそう効率的でスムーズ、パワフルで安定性の高い走りを実現しました。

  • 高出力モーター(フロント)

  • 高出力モーター(リヤ)

EV走行時の航続距離を延長。新設計の大容量駆動用バッテリー。

  • 大容量駆動用バッテリー

  • エネルギー密度の極めて高い、新設計のリチウムイオン駆動用バッテリーをボディのフロア下に搭載。大容量化によりEV走行時の航続距離を延長しています。また、バッテリーを低い位置に配置することで、低重心による優れた操縦安定性も実現しています。

効率の良い発電を可能とした2.4L MIVECエンジン。

  • 2.4L MIVECエンジン

  • 高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化のための専用カムプロフィールとバルブタイミング制御を採用した、2.4L MIVECエンジンを搭載。低回転域での効率の良い発電を可能としました。高度なエンジン発電制御で、極めてスムーズな加速を実現。発電する際のエンジン始動のスムーズさを磨きました。エンジン騒音の低減、排気放射音の抑制などにより、優れた静粛性を実現しています。

    • MIVEC = Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system
    • MIVECは、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。

モーターとエンジンの状況を一目で確認できるパワーメーター。

  • パワーメーター

  • モーターとエンジンの状態を直感的に認知できる新デザインのパワーメーター。アクセルペダルを踏み込むほどに針が右に動きEV出力の増加を表示します1。エンジン始動の可能性が高い領域2やエンジン出力量[kW]3も表示可能。また、回生ブレーキ量4もパワーメーターと液晶内ゲージで常に確認できます。

ボディ剛性を高める構造用接着剤。

  • ドアおよびテールゲート開口部に構造用接着剤を採用し、ボディの高剛性化を図り高い操縦安定性を実現しました。

快適性と走りを両立するサスペンション。

  • 前後ショックアブソーバーの減衰特性を最適化することにより、快適な乗り心地と優れた走行安定性を実現します。

S Editionは、BILSTEIN社製ショックアブソーバーを採用。

  • ※ 実際の製品は写真と異なる場合があります。

  • 応答性の高いモノチューブ式BILSTEIN社製ショックアブソーバー。路面追従性を高め、タイヤの接地性能を向上します。

    • Bilstein®は、ThyssenKrupp Bilstein GmbHの登録商標です。

より快適に効率良く。
走行シーンに合わせて
モードが替わる。

  • 通勤やショッピングなどの市街地走行。そして、高速道路や山道の走行。
    アウトランダーPHEVは、走行状況に合わせてEV / シリーズ / パラレルの走行モードを自動的に切り替え、あらゆる道で、スムーズで快適な走りを実現します。

  • 近距離は、ほとんどのシーンでEV走行モード。バッテリー残量が少なくなるとシリーズ走行モードに移行。エンジンで発電しながら走行します。日常の通勤や買い物など、近距離の走行であればガソリンを使わないで走り続けることも可能です。

  • 登り坂や加速時など電力の消費量が増える場合には、エンジンを始動。EV走行モードからシリーズ走行モードへ移行します。エンジンで発電して、モーターへ電力を供給し、力強い走りが愉しめます。

  • 十分なバッテリー残量があれば、高速道路でもEV走行が可能です。追い越しなどパワーが必要な場面では、エンジンを始動してパラレル走行モードに移行。エンジン走行をモーターがアシストして走行します。

  • 下り坂では、回生ブレーキにより、減速時に発生するエネルギーを電力変換します。回生ブレーキを強く働かせるならセレクターレバーの[B]をセレクト。[B]は2段階から選択可能で、回生レベルセレクターを使えばより細かく調整ができます。

    • 満充電、ガソリン満タンでスタートした場合の一例です。
    • 走行条件、環境によってエンジンを始動する場合があります。また、長期間ガソリンが1回に15L以上給油されていない場合、燃料系部品のメンテナンスのため、エンジンが自動的に始動されます。