Point1「あなたの安心、未来ドライブ」
三菱e-Assist

低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム [ FCM - City ]

低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[ FCM - City ] 低速走行時、前方車両との衝突の危険がある時は、警報で注意喚起するとともに、自動ブレーキで衝突を回避、または衝突被害を軽減します。

前方車両との速度差が約15km/h以下の場合は衝突を回避できることがあり、約30km/h以下の場合は衝突被害を軽減します。

※低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]作動時は強いブレーキがかかります。安全のため、全ての乗員が必ずシートベルトを着用していることを確認してください。
※停止保持機能がないため、停止後2秒以内でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。

作動条件

● 低速走行時(約5km/h~約30km/h)
● 前方車両をレーザーレーダーが検知し、衝突の可能性がある場合 
● ドライバーがハンドルを切るなどの回避行動をしていない場合

誤発進抑制機能(前進時)

前方に障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによりアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合は、警報とともにエンジン出力を抑制。発進をゆるやかにし、衝突被害を軽減します。

  • SRSエアバッグシステム
  • SRSエアバッグシステム

エンジン出力を約5秒間抑制し、発進をゆるやかにします。

※ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。エンジン出力抑制中もクリープ現象により前進します。

作動条件

● 停車~約10km/hでの走行時 ● 前方(約4m以内)の車両や障害物をレーザーレーダーで検知している場合
● アクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合 ● ドライバーがハンドルを大きく切るなどの回避行動をしていない場合

低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、誤発進抑制機能(前進時)について
●対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。●ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、衝突被害を軽減することを目的としています。検知性能、制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。●ワイパーブレードの劣化などによりフロントウインドシールドガラスの汚れを払拭できない時、著しく天候が悪い時は、作動しない場合があります。●ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。●詳しくは営業スタッフにおたずねください。
低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City] について
●ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っている時は、作動しない場合があります。●前方車両に対して作動します。二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によっては作動する場合があります。
誤発進抑制機能(前進時)について
●ガラスの壁面(ガラスドア/ ショーウインドウ)や網目状のフェンスなどレーザーレーダーが反射しない場合は作動しません。●誤発進抑制機能は、車両の停止状態を保持する機能はありませんので、周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んでください。

Point2当たり前の安心を万全に

衝突安全強化ボディ<RISE(ライズ)>

RISE Reinforced Impact Safety Evolution
衝突エネルギーを吸収するフロントボディ構造と高剛性キャビン構造を組み合わせた、三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。客室保全環状構造や、適材適所に使用した高張力鋼板によりボディ全体を高強度化。前面、側面、後面衝突はもちろん、オフセット衝突でも優れた乗員保護性能を実現しています。

厳しい衝突試験で高い安全性を確認

三菱自動車では、安全性を高めるための試験に取り組んでいます。エンジンルームで効果的に衝撃を吸収することでキャビンが守られています。

Point3もしもの時に備えて、確かな安心を。

運転席&助手席 SRSエアバッグ(標準装備)
SRSサイド&カーテンエアバッグ
(メーカーオプション)


前面からの衝突に備えて、運転席&助手席SRS エアバッグを標準装備。さらに側面からの衝突に備えてSRSサイド&カーテンエアバッグをメーカーオプションでご用意しています。

SRS=Supplemental Restraint System
●SRSエアバッグシステムは、前方向(運転席 / 助手席)または横方向(サイド / カーテン)からの、設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。後ろ方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグシステムは、あくまでシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。写真のエアバッグは撮影用に展開したものです。

3点式ELR付シートベルト

  • (1)プリテンショナーがシートベルトを瞬時に巻き上げ乗員をしっかり拘束。
  • (2)ベルトに一定以上の力が加わるとフォースリミッターが作動。乗員の胸部にかかる負担を緩和します。
    運転席:ダブルプリテンショナー機構
    助手席:プリテンショナー機構
    リヤ:全席3点式ELR付

●前面衝突時の衝撃が弱い場合、プリテンショナー機構は作動しません。

頸部衝撃低減フロントシート

ヘッドレストの位置およびシートバックの変形特性の適正化により、後方からの車両衝突時の頸部への衝撃を低減します。

Point4いつも乗るクルマだから、
安心を。

ABS(EBD:電子制御制動力配分装置付)

ABSは急ブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、横滑りなどの不安定な車体姿勢を回避します。
さらにブレーキアシストがブレーキ踏力を補助、EBDが乗員や積載量に応じて後輪ブレーキの制動力を調整。状況に応じた理想的なブレーキ力を確保します。

ABS=Anti-lock Brake System
EBD=Electronic Brake-force Distribution(電子制御制動力配分装置)
※ABSは、あくまでドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS 非装着車と同様に、カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

アクティブスタビリティコントロール
(ASC)

車両の横滑りを感知すると、4輪のブレーキ力とエンジン出力をコントロール。 横滑りを抑えて車両を安定走行させる「スタビリティコントロール機能」と、滑りやすい路面での発進時にスリップを感知すると、エンジン出力を抑えるとともに、ブレーキも使用しタイヤの空転を防止する「トラクションコントロール機能」を装備。安定した走行をサポートします。

エマージェンシー
ストップシグナルシステム

急ブレーキをかけた時やABSが作動した時、自動でハザードランプが高速点滅。追突されないよう後続車に注意を促します。

歩行者傷害軽減ボディ

ボンネットフードなどに歩行者の頭部を保護する衝撃吸収構造を採用するとともに、バンパー内部に歩行者脚部の傷害を低減する構造を取り入れました。

全席パワーウインドウ
(運転席セーフティ機構付ワンタッチ式)

ウインドウ開閉をワンタッチ操作。
運転席はパワーウインドウ上昇時に腕などが挟まったことを感知するとウインドウが停止し下降します。

※ガラスを確実に閉めるために、セーフティ機構は閉め切り直前では働きません。
指などを挟まないようご注意ください。

メーカーオプション

安全性を高めるための充実機能をパッケージ。さらにセットオプションを追加すれば、ますます安心! 詳しくはメーカーオプションをご覧ください。