PLAY THE NATURE! TOUR 2017 イベントリポート

パジェロ&デリカD:5の雪道走破性と冬のアクティビティを楽しんだ最高の2日間

今年で2回目を迎える冬のスペシャルイベント「PLAY THE NATURE!TOUR 2017」。2月18日(土)~19日(日)、10組30名の参加者とともに楽しんだ、魅力たっぷりのツアー内容をお届けしよう。

PLAY THE NATURE! TOUR 2017
SNOWSHOE TOUR & SNOW DRIVING SCHOOL

DAY 01 スノーシューツアーへ! AT KITA-KARUIZAWA

1日目は手軽な雪上散歩ができる人気スポットの小浅間山(こあさまやま)へスノーシューツアー。KEENのハイパフォーマンス・スノーシューズ/ウインターポートⅡのレンタルができ、雪上でも快適な歩行を約束してくれる。

林間のゆるやかなトレイルをのんびり歩き、30分ほどで小浅間山の麓にたどり着く。視界が開けた先には「小浅間山山頂」と山頂方向を示す案内板を発見。ここから山頂が近そうに見えるけれど、待ち受けるのは急坂だった!

最後の傾斜を登りつつ振り返ってみると、モクモクと噴煙を上げる雪化粧の浅間山が間近に見える。そして眼下には幻想的な雰囲気の軽井沢の市街地まで眺めることができた。登山口から山頂まではのんびり歩いて片道1時間程度。高度感も爽快だし、溶岩がゴロゴロ転がっていて不思議な景観美が新鮮!

キャンプ場に戻ると、連結したシェードのなかでディナータイム。スキレットで豪快に焼き上げたラムチョップに、大きなビーフが入ったビーフシチュー(2日間煮込んだ逸品)、そしてサラダ、パン、スープとボリューム満点!
スノーシューツアーで思いきり体を動かし、お腹が空いていた参加者のみなさんも大満足のメニューでした。

DAY 02 クルマの学校 雪道スペシャル編 開校 AT KITA-KARUIZAWA

2日目は、クルマについて“大人も子供もいっしょに学ぶ”をテーマに掲げる「クルマの学校 雪道スペシャル編」がメインイベント。

まずは雪道の運転技術や必需品など、雪道をクルマで走行するうえで意外と「知ってそうで知らないこと」を校長・熊沢祥人さん&モータージャーリスト・竹岡圭さんのコンビが分かりやすく解説。次にパジェロとデリカD:5による、スタック脱出法の実演が実施された。

雪道でスタックした際の脱出法や、けん引ロープの使っての救出法を見る真剣な表情の参加者たち。けん引ロープのフックを引っかけるポイントや実際の使い方を見る機会はそうそうない。まずはスタックしないことを祈りたいけれど、こうして万が一のためにも教わることは本当に大切である。

そしていよいよパジェロとデリカD:5の雪上試乗体験へ。ところどころにアイスバーンなどの悪路が残る、特設雪上コースへGO!
助手席の講師にアドバイスを受けながら、2車種の電子制御コントロール法を学び、そのパワフルなクリーンディーゼルの走り&悪路走破性の高さを実感する。また上り坂のストレート路面では雪上の急加速時の挙動を試してみたり、こんもりと雪が盛られたポイントに乗り上げてみたり、ちょっとしたアドベンチャー気分も味わえるなど、除雪された一般道の雪道走行では体験できないことばかり。

クルマの学校の最後を締めくくるのは発炎筒の点火体験。そういえば発炎筒を点火する機会もなかなかない……。点火法はマッチをする要領で意外と簡単。このように1回点火してみるだけでも今後のカーライフでの余裕が生まれる。万が一の際にも慌てずに、自車の位置を後続車に知らせることができるのだ。

THANK YOU FOR COMING! PLAY THE NATURE! TOUR 2017

雪山で思いきり体を動かし、雪道の安全運転技術までしっかり学べる「PLAY THE NATURE! TOUR 2017」は、実に有意義な時間を過ごせるイベントだった。天気にも恵まれ、2日間に渡るイベントは無事終了。クルマで出かけ、冬の遊びを愛するアウトドアフリークの参加者たちにとって、最高の時間が過ごせたことだろう。

outside BASE
〒377-1412
群馬県吾妻郡長野原町
大字北軽井沢字鷹繋2032-2457
INFORMATION 関連情報

テキスト◎真田崇史

※許可された場所で撮影しています。
※スタッドレスタイヤを装着しています。 撮影車両のため一部仕様が異なります。