ページの先頭です

MITSUBISHI MOTORS

ミツビシのエコカーラインアップ

  • トップ
  • エコカー減税<5月以降の登録・届出の場合>
  • ミツビシのエコカーラインアップ

MINICAB-MiEV

-40,800円

-176,000円

-216,800円

●地方自治体補助金等情報はこちらへ

対象グレード一覧

車種情報 エコカー減税額
(減税率)
クリーンエネルギー自動車
導入促進対策費補助金
減額合計
対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
グレード 型式 駆動 取得税 重量税
CD 10.5kWh
ハイルーフ 4シーター
HLDD 2WD 1,769,040円
(1,638,000円)
29,400円
(免税)
5,000円
(免税)
115,000円 149,400円
CD 16.0kWh
ハイルーフ 2シーター
HLDDD 2WD 2,128,680円
(1,971,000円)
35,400円
(免税)
5,000円
(免税)
176,000円 216,400円
CD 16.0kWh
ハイルーフ 4シーター
HLDDA 2WD 2,150,280円
(1,991,000円)
35,800円
(免税)
5,000円
(免税)
176,000円 216,800円

・記載の免税額(エコカー減税額)は、メーカー希望小売価格(消費税抜き)をベースに算出したものです。
・記載は消費税8%での価格です。

<クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金について>

定められた期限までに初度登録(届出)し、代金の支払いを完了させ、車両登録後1ヶ月以内または定められた期限のいずれか早い期日までに次世代自動車振興センターに申請書を提出し審査により交付が決定されると、センターから補助金が振り込まれます。
補助金を受給するには、4年間保有する義務があります。
クレジット契約等での購入の場合、「申請者」が真に車両の所有者であることを証明する書面として「保管場所標章番号通知書(車庫証明書)」、又は「任意自動車保険契約書」が必要となります。
申請締切日前でも、補助金の年度予算超過の可能性が判明した時点で申請が締切となる場合があります。
国による他の補助金と重複して申請することは原則できません。
地方自治体ごとに独自の補助金施策をおこなっている場合もあります。地方自治体補助金等情報についてはこちらをご覧ください。
補助対象は自家用車両です。事業用車両とは助成制度が異なります。
詳しくは営業スタッフにおたずねください。

<エコカー減税について> (⇒エコカー減税

対象となる税:自動車取得税及び自動車重量税(次回車検までの分)
適用期間:自動車取得税:平成29年(2017年)4月1日〜平成30年(2018年)3月31日まで<新規登録 / 届出時>
自動車重量税:平成27年(2015年)5月1日〜平成29年(2017年)4月30日まで<新規登録 / 届出時>
減税額の試算例は、新税制による支払い税額(100円未満切捨て)により算出しています。
自動車取得税、自動車重量税の減税額は、特段の注記がない限りオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格をベースに試算しています。オプションを選択することで、自動車取得税及び自動車重量税の減税額が変わる場合や減税対象、または対象外になる場合があります。
自動車取得税は、地域により運用が異なりますので、減税額が異なる場合があります。
このほかに自動車税の支払いが必要となります。また、一部の車両はグリーン税制に基づき、登録(届出)翌年度の自動車税が軽減される場合があります。
詳しくは営業スタッフにおたずねください。

関連情報

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.